クラウドの構築インフォメーション

クラウドにはソースコード管理もあります。今まで独自で行われてきた業務が効率的になる可能性があります。

クラウドの構築インフォメーション

クラウドサービスによるソースコード管理

ソフトウェア開発を行うと各工程でいろいろな課題が発生します。担当者が確実に行う必要があります。クラウドサービスのソースコード管理を使用することによって作業内容が明確になります。それが共有されることで開発チームのレベルが上がります。作業内容が明確になればより客観的な見積の作業が可能となります。ソースコード管理の核であるバージョン管理やその他のツールによって、ソースコードのコミット時に具体的なコメントを行うことにより、タイムライン機能などが有効に活用できるようになります。これによって会議、情報共有、進捗などの効率化が実現できます。今までのシステム開発ではこのような作業時間を含めて作業を行ってきましたが、スケジュールはタイトでエンドユーザーを納得させるような品質に高めることは困難でした。もちろんクラウドサービスだけで業務は進行できません。打ち合わせは随時必要ですが回数も時間も短縮することができます。
クラウドサービスのソースコード管理によって運用に必要な作業手順や障害報告、問い合わせなどが蓄積されると重複していた問い合わせや課題の時間短縮が実現できます。過去に同じような課題を行ったか調査する時間が省けます。このような仕組みが整備されたことがポイントです。担当者のための業務マニュアルや運用マニュアル、技術情報などをメモ書きのような手軽さで作成できます。担当者は情報の蓄積や運用、保守に工数をかけないで、最も注力すべき本来の仕事に集中することができます。システムの運用や保守のために協力会社とのプロジェクト管理を行う場合でも有効に利用できるでしょう。

関連サイト

Copyright (C)2017クラウドの構築インフォメーション.All rights reserved.