クラウドの構築インフォメーション

クラウドとはデータをネット上に保存してくれるサービスです。ホームページのコードを保存することもできます。

クラウドの構築インフォメーション

ソースコードの保存はクラウドで

最近、クラウドという言葉をよく耳にするようになりました。雲だということはだいたいわかるのですが、なんのことだかさっぱりだったので調べてみました。どうやらクラウドとは、その名の通り雲をイメージしたインターネット上の新しいサービスだそうです。具体的にはどういったものかというと、私たちは普段自分のデータをパソコン上のハードディスクや携帯端末に保存していますが、クラウドとはデータをインターネット上に保存してくれるサービスなのです。ということは、外出先やネットカフェなんかでも、自分のパソコンが手元になくてもデータを見たり編集したりすることが出来るのでしょうか?まさに、そのようなサービスを提供してくれるのがクラウドなのですね。これは大変便利ですね。
データをパソコンや携帯に保存するのではなくネット上に保存するのでしたら、データが消えたなんてことに悩まされる心配もなさそうです。ウイルスも主にコンピューターを狙っていますから、情報の流出も防げそうです。ソフトを利用する際も以前はインストールが必須でしたが、クラウドならばネット上で共有出来るので、ソフトがインストールされていないパソコンからでも自由に利用できるのは便利ですね。自分の作成したホームページのコードなんかも保存しておけば、いざホームページが消えてしまった場合でもいくらでも復旧が可能ですし、プログラマーがソースコードをお互いに共有するのにも使われているそうです。クラウドはたくさんの可能性に満ち溢れたものなのですね。

Copyright (C)2017クラウドの構築インフォメーション.All rights reserved.